アダルトチルドレンは嫌われる?

親の感情を背負う子供のイメージ

あなたは好かれるタイプ?嫌われるタイプ?
分かれるとしたらどっちだろう?
あなたの親は好かれるタイプ?嫌われるタイプ?
これもどっちに分類されるだろう?

感情を押し着せる親

あなたは親が好きだろうか?
大半が嫌いと答えるだろう。
では、なぜ嫌いなのか?さまざまな理由があるだろうが、その中で一つ代表的なものを挙げる。

感情を押し着せるから

親が抱いた感情が、まんま子供に降りかかる。押しつけられる。
息苦しい。しかしその気持ちを言う自由は許されず、ひたすら親の感情の受け口となる。
場合によって、慰め役までやらされる。

当然、あなたの感情は受け取られることなどない。
そうやって蓄積された感情。どこへ持っていこうか。

親をコピーしてしまう子供

感情を押しつけられたあなたは息苦しかったはずだ。
それは分かっている。でも、蓄積された感情をはき出さずにはおれない。
聞いてくれそうな人に出会ったとき、感情は堰を切ったようにはき出される。
相手の息苦しさなど目にも止まらぬくらいに。

そうやってあなたが親を嫌ったように、周りもあなたを嫌う。
これが負のループ。

感情の境界をわきまえないと嫌われる

負の感情とは、本来自己処理するもの。
どの人も自分の負の感情を処理するのに手いっぱいで、手を貸す余裕はない。
楽しい感情なら、さらっと流せるが、嫌な感情は積層する。
人は危険センサーを備えているので、積層しはじめたら、それ以上積もらないように、距離を取り始める。
負の感情を自分の外へと越境させると、嫌われることは避けられない。

それでもあなたは負の感情を出し続けるのだろうか?

負の感情の処理の仕方を習う

あなたのこれまでの経験で得た感情の処理の仕方は、他者に押しつけ、越境させることだった。
だが、それではすぐに限界を迎える。
従って、本来の形である自己処理に切替えなければいけない。
さまざまな本を読み、感情のなんたるかを知ることも良いだろうし、誰かの講演を聞いて気づきを生むのもいいだろう。

もちろんカウンセリングを通じて、感情の正体を掴み、浄化していくのもありだ。
当カウンセリングで作成する心の地図は、まさに、この正体を掴むことを目的とする。
何が合うかはひとそれぞれなので、一つの方法を強引に勧めたりはしない。自分に合うと思うものを選択してみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。