カウンセリングの進め方

カウンセリングの特色

効果をだすことに主眼としたカウンセリングを行います。
一般的なカウンセリングの手法である傾聴に加え、患者さんが主体となり、答える、書く、振り返るを行います。
お申し込みからお支払いまでお名前をふせたまま行えます。

カウンセリングのステップ

初回ないし2回目・・・現在苦しんでいること・変わりたいことを話します。
2回目以降・・・・・・現在の心理(囚われていること)をあぶり出します。
あぶりだし終了後・・・心の囚われ模様を書いたマップ作成に取りかかります。

書き出し作業をするので、後で何度でも見返せます。
カウンセリングをしていない時間にも、書きだしたマップを眺めながら、自分への理解を進められます。

アダルトチルドレンに効果的な手法

マップ作製に当たり、患者さんの意思を何度も確かめます。今まで意思を口にしたことがない人がほとんどのため、困難を極めます。ですが、カウンセリングを通して意思を明らかにする中で、大切な人が分かったり、自分の思いに気づけたり、得るものは多いです。

自分を取り戻したい、という方にはぴったりのエクササイズです。

患者さんを優先したシステム

当カウンセリングは週に一度50分受けることを前提にしています。
料金を抑え目にすることで適切な間隔で回数を受けられるようにしています。一定間隔で話をしながら課題をクリアしていき、進んだ感を持って短期間に効果を得ることを目指しています。

また必要に応じて、患者さんに合わせて描いた心理的な図をお渡ししたり、メールでフォローアップすることもあります。一般のカウンセリングのように、「前回のことを忘れて新たにやり直し」といった感じのしない分、安心していただけます。

先頭へ戻る